私たちは、昭和59年、川上から川下までの整備を計り、木材の需要拡大をめざして県内の林業者から、製材業者・工務店の方々の協力を仰ぎ協同組合を設立して、三重県で最初のプレカット工場を操業して今日にいたっております。
 建築用資材としての木材を「木を活かす」ことによってその付加価値を高め、皆様のご愛顧をいただいてまいりました。
 また、近年の建築様式並びに建築工法の多様化に対しても、皆様のニーズにお応えできるよう、日夜研鑚しております。
 平成13年12月には、木の郷町のウッドピア松阪へ移転し、最新の全自動プレカットシステムを導入し、操業を続けています。

 当組合は、プレカット加工を行うにあたり、軸組み材は国産材を推進しております。国産材を通じて、木の温もりや人にやさしい住まい作りに全力をあげて取り組んでおりますので、興味のある方はぜひご連絡下さい。お待ちしております。

 24年度の実績は年間 492棟 16,400.14坪 でした。




名称 三重県木造住宅協同組合
出資金 6,864万
組合員数 80名
創業 昭和59年11月1日

代表理事 森下 隆生 (有)丸天林業
副理事長 森本 孝平 宮前木材生産(有)
梅田 喜文 (有)梅田林業
山本 勝 (株)マルナカ
村林 稔 松阪木材(株)
理事 工藤 剛 三重県木造住宅協同組合
監事 浦田 理 グリーンウッドタクミ協同組合
世古 武弘 (有)世古林業

戻る

組合概要